極めて厳しい建築職人の高齢化問題

今の建築業界は深刻な問題に陥っています。
それは職人さんの高齢化です。
これでは満足に食べていけなくなって路頭に迷ってしまうことは免れないでしょうね。

建築業界に入るのは誰しも夢に見た職業だったと思います。
けれど今は若者も入りたくはなくて今後ますますひどくなっていく一方なのかもしれません。
では一体何故若者は拒否しているのでしょうか?

少しだけ街頭調査をしてみた所非常に多かった声が汗臭いのは嫌との事でした。
確かに力仕事で汗を掻く仕事であることは間違いないです。

最近の若い世代の人は身だしなみに気を付けています。
身だしなみに気を付けている人は汗などは掻きたくありません。
これが一番の原極めて厳しい建築職人の高齢化問題因だと思います。

次に挙がったのが金銭面です。

建築業界は極めて厳しい世界なので自分がこれで良いと思っても上司からダメ出しを出されたままお客様に提供すると不満足でお金などは出してもらえません。
お客様に満足させるためには並々ならぬ努力が必要です。
それに加えて上司との確執もあるかと思います。
そのような思いまでしてお金を稼ぎたくありませんよね。

前項の2点が若者が入って来ない原因でしょうね。

なので一向に進歩しません。このままでは何れ仕事の受注も無くなりすたれていく道しかないのかもしれないです。