建築業の進化の過程

最近の建築は進化しています。
では何故こんなにも進化し続けているのか?

その真相を究明していこうと思います。

まずは人口の違いです。

昔は人口が非常に少なかったでしょうね。


人口が少なければ次第に建築を頼む人は少なくなかったはずです。
ですが今は昔とは違います。

格段に人口が増えてきているに違いないでしょうね。
なので建築を頼む人が急激に増えたかもしれません。

次に職人の進化です。

高度成長期になる前は、まだまだ職人は未熟だったかもしれませんね。
ですがバブル経済期から今に至るまで徐々に腕が上がってきました。
それに加えて最新の技術もあります。

それに加えて昔は満足な材料もありませんでした。
加工を加えただけですぐにひびが入り耐久性が伴わずに潰れていたのです。
まさに苦労の連続だったでしょうね。
ですが、その苦労の連続を乗り越えたからこそ今があるかもしれません。

こうして職人の腕+最新の技術で素晴らしい住宅が建てられるようになったのです。
ここまで来たのには何回もお客さんに満足してもらえるように試行錯誤して苦労しつつもどんな障壁もぶち破って成長してきたことでしょう。


その苦労などが実を結びお客さんのリピーターを増やしていったんですよ。

まさに今の建築業があるのは職人さんの汗と努力の結晶だと思います。
これが建築業の進化の過程です。